憩いの広場。(固定トップ記事)

全国の二次小説作家の皆様。


日々の創作活動、お疲れさまです。

好きで始めた二次創作活動だとは思いますが、時には嫌になったり悩んだり腹が立ったりと言う事もあると思います。

ここはそんな作家さんの憩いの広場です。

フェイクを織り交ぜてでも良いので、思ってることをコメント欄に吐き出してすっきりしましょう。

皆に聞いてもらいたい時は「公開コメ」で。
そっと呟きたい時は「非公開コメ」で。

匿名、無記名、もちろん大歓迎!

当方も創作活動を行っている者です。

尚、当ブログに関する注意点は下記の通りです。


※他の人のサイトやブログ名、管理人名の書き込みは禁止です。

※誹謗中傷などに当たると当方が判断した場合、予告なく削除、もしくはその内容を公開することがあります。



2号店「新・二次小説作家さんに捧ぐ」では作家さんから投稿された二次小説を掲載しています。

2号店「新・二次小説作家さんに捧ぐ」にはこちらから→コチラ

二次作家同士、穏やかに書き込みや二次小説を読みあいましょう。


リンクの際はご一報下さい。(貴ブログ名・ジャンルをお書き添え下さい)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。


人気ブログランキング




にほんブログ村

二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>9~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>9~」

作・Crescent(瑞月)




「紫」が中傷コメントを書き込んでくる理由として、思い当たること───

それは、「紫」のブログ開設の経緯にあった。

遡ること一か月前。

ある日のこと、静香のブログの管理画面の「訪問者リスト」に見知らぬブログがあった。

「訪問者リスト」とは、同じブログサービス利用者限定の機能で、そのブログの管理人が「訪問者リストに足跡を残す」を選択しておくと、訪問先のブログに自ブログの名前が残ると言うものでる。

主には自ブログの宣伝やコミュニケーションに一役買うための機能だ。

静香自身は「足跡を残さない」と言う設定にしていたのだが、足跡から、どんな人が自分のブログを見てくれているのかが判るので、かかさずチェックはしていた。

だから見知らぬブログが足跡に残ることは特筆すべきことではなかったのだが、そのブログに注目したのにはふたつの理由があった。

一つ目は、静香のブログと同じドラマの二次創作を扱うブログだったこと。

もう一つは、「別館」に付いた足跡だったからだ。

実は静香は、本ブログの他に、もうひとつ「別館」と呼んでいるブログを開設していて、それは、多少のR作品を扱うブログのためパスワード制にしていた。

その「別館」に足跡が残っていたと言う事は、静香がパスワードを配布した人と言う事である。

パスワードの配布は当然のこと、メールでのやり取りとなる。

しかも、配布をした人は30人程度。

この中に、同じドラマのブログを立ち上げた人がいる───

誰かしら?

静香がそう思うのは自然の成り行きで、静香は当然のこと、そのブログ───「竪琴の調べ」を訪問した。

管理人名は「竪琴」とあり、初めて目にするHNである。

アップされた記事の日付からすると、ブログはここ一月ほど前に開設したもので、それでも、ブログトップには「ご挨拶」の記事があり、その下にいくつかの創作記事が並んでおり、すでにブログとして稼働していることがわかった。

「ご挨拶」をざっと一読した静香は、奇妙な感覚を覚えた。

(何だか・・・この文章、私のブログの「挨拶文」に似ているような気がする・・・)

それでも「挨拶文」と言うのは、概して似たようなものになりがちだし、考え過ぎだろう、と静香はその思いを振り払った。

次に静香が思ったことは

(コメントでも書いてみようかしら?)

だった。

それでも、静香の心の中には、挨拶文が似ていたと感じた奇妙な感覚や、相手から声を掛けて来なかったことが気に掛かり、コメントを書き込むことに躊躇する気持ちがある。

足跡はその後も数回あり、あれこれ考えるうち、静香はあることを思い付いた。

(そうだわ。ブログ上で呼びかけてみたらいいんじゃないかしら?)

ダイレクトにコメントを残すよりも、ワンクッション入り、良さそうな気がする。

静香はすぐに「別館」で記事をアップして、その中で

「最近、このブログに同じドラマの二次創作を扱う方のブログの足跡があります。どなたか最近、ブログを立ち上げられたのでしょうか?もし良かったらご連絡をいただけませんか?同じドラマのブログが増えてとても嬉しいです。」

程なくして一通のメールが入ってきた。

差出人は「紫」だった。





~続く~


瑞月です。
応援のコメントをお寄せ下さった皆さん、ありがとうございます。
最後まで書ききりますので、よろしくお願いいたします。
with you..さんも更新作業、ありがとうございます。


-----------

Crescent(瑞月)氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

伝言板(Tsukasa様へのコメント)

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


匿名希望の方から「Tsukasa様」と題した非公開コメントが入ってきました。
Tsukasa様とは、以前にこのブログにコメントしてきた方です。

内容的に問題がなければ公開にして欲しいとのことで、特に問題はないと思いますので公開致します。
(このブログは公開コメで書き込むと承認を待たずに公開されてしまうの為、非公開コメントで来たと思われます。)

以下、コメントです。

---------

2017/09/17 00:20
タイトル「Tsukasa様へ」

with you..様と
Crescent(瑞月)様のご尽力と勇気に
心より敬意を表します。

あなたにこの言葉が届くかどうかは判りませんが
そして、タイトルに表しましたTsukasa様、
HNから察するに、あなたが指摘された人物に
心当たりがあります。

私の推察が間違っていないとすれば、
あなたの作品はとても素敵で大好きでした。

「再構築者」には、あなた以上の
心のこもったセンスあふれる作品は
絶対書けないと思います。

また、どこかであなたの作品を読ませていただきたいと
心から願っています。


---------

Tsukasa様、こちらのコメントに返信がございましたらいつでも当ブログをご利用下さい。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村




二次小説のカテゴリ整理について

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


私の記事としては久しぶりの更新となります。

二次小説も増えて来ましたので、この度、カテゴリを細分化することに致しました。
(アドバイス下さった方、ありがとうございます。)

これに伴い、今まで取り下げていたり新ブログに掲載していた二次小説も全て当ブログに移行しました。

ブログ村の「二次小説カテ」への移動希望を見据えて、何か有効な掲載方法はないかと考えているうち、そのままになってしまいました。
投稿して下さった皆様、申し訳ありませんでした。

実は以前にブログ村に「二次小説情報カテ」を新設して欲しいと要望を出していたのですが、それが通りました。

現在、当ブログは、

小説家志望20%
二次小説情報30%
ブログノウハウ50%

の割合でブログ村のランキング登録をしています。

この登録先は月に3回まで変更可能なので、こまめに変えています。
ひとつのところに留まっているよりもその方が認知が進むかと思いそうしています。
近々、また登録先を変更予定です。

一か月程前、二次小説カテへの復帰要望を出したのですがまだ通らず、もうしばらくしたらまた要望を出してみようと思っています。

一度(ないし数度)通報があったブログは、一定期間、復帰が出来ないと言う可能性も考えられます。
根気強くブログ村にアプローチして参りますので、皆様からの二次小説の投稿も宜しくお願い致します。

今、瑞月(Crescent)氏が、ご自身の体験を元にした二次小説を連載されておりますが、声を上げることの大切さを改めて実感した次第です。

同じような被害に会われた方、憤りを感じた方、どんどん声を上げて下さい。

このブログに書き込めば、全てのコメントはここに届きます。
悪質なコメントは全て私の方で捌きますから(時にはスルー含む)、安心して書き込んで下さい。


中傷行為、許すまじ。

愛なきものが二次作家を名乗るなかれ。



一人一人の声は小さいかも知れませんが、集まれば大きな声になる筈です。


皆様の善意と勇気ある書き込みをお待ちしております。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>8~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>8~」

作・Crescent(瑞月)



中傷コメントを書き込んでくる人物は、同じドラマのファンとして交流のある「紫」だった───

静香はパソコンの前で一人、頭を抱えた。

中傷コメントについて色々と調べた時、案外、身近な人の書き込みである事例もあることを知った静香は、その可能性、つまりは自分のブログを訪問してくれている人であると言う可能性も考えたことはあった。

でも、その可能性の中に「紫」は入っていなかった。

「紫」であるはずがない、と思い込んでいたのだ。

そう思った一番の理由は、紫と交流があることだったが、もうひとつ理由があり、それは、紫も自分のブログを運営していたからだった。

紫は「竪琴」と言うハンドルネームを用いて、<竪琴の調べ>と言うブログを開設していた。

立場を同じくする人間が、まさか、こんな中傷コメントを送りつけてくるなどとは静香は思ってもみず、頭から除外していたのだ。

(そんな、どうして・・・)

自ブログを運営している紫なら、コメントを付ければ足跡が残ることくらい分かりそうなもので、だとしたら、いくらハンドルネームを変えて別人を装っても、同一人物が書き込んだことくらい分かりそうなものなのに───

そう思うそばから

(でも、私だってIPアドレスと言う言葉をつい最近、知ったばかりなんだもの。紫さんだって知らないのかも・・)

と言う思いも湧いてくる。

紫は、静香よりも後にブログを開設しているし、知らなくてもおかしくない気もする。

それにしても、どうして紫は中傷コメントを書き込んでくるのか───

(もしかしたら、あのことが・・)

思い当たることがひつとだけあった。

静香はパソコンの前で目を閉じ、あの日の紫とのやり取りを思い返していた。




~続く~


-----------

Crescent(瑞月)氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示