二次小説【アンとドラ】~「仲間っていいな」~

「仲間っていいな」

作・ with you..



窓から燦々と太陽の光が入ってくる。
今日も良い一日になりそうだ!

玄関を開けるとドラえもんさんがしゃがみ込んで何かを拾い集めていた。

「あれ、どうしたんですか、ドラさん」

ドラさんは立ち上がると両手いっぱいの封筒を僕に見せた。

「今朝起きてみたらこんなにたくさんの手紙が来てたんだ」

「手紙ですか?」

「うん、そうなんだ。僕たちに頑張れって応援の手紙なんだよ、アンパンマンさん」

「僕のことはアンでいいですよ、ドラさん」

「じゃあ僕のことはドラで」

「はい、わかりました。嬉しいですね、応援の手紙が届くなんて」

ドラはクスンと鼻をすすると

「きっと思いは同じなんだね、みんな」

「はい、そう思います」

「僕、もう一度、元の場所に戻れるようにオーナーさんにお手紙を書いてみようと思うんだ。どう思う?アン」

「僕も同じことを思っていました」

「じゃあ今からさっそく書いて見るよ。みんながいる元の場所に戻りたいですって」

「はい」

「僕たちは2人だけど2人じゃないんだね」

「はい、たくさんの仲間がいる」

「仲間がいるって嬉しいね」

「はい、だからこそ僕たちは挫けるわけには行きません」

「うん、そうだね」

僕とドラは虹の国の平和を守る決意も新たに「頑張るぞー!」と声を合わせたのだった。




--続--




たくさんの作家さんに知ってもらうためにブログ村のランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示