引き続きお知らせ

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


まだブログ村からのご連絡はいただけておりません。


昨日、再度、問い合わせフォームからブログ村に連絡を入れておきました。
詳細は控えますがかなりの長文となりました。

末尾に書いた言葉だけ載せます。

--------------
(前略)

二次小説ブログの間では、陰湿な中傷行為が陰で多く行われています。
それにより閉鎖するサイトを私は数多く見てきました。

どうかブログ村の理念に照らし合わせ、公平なジャッジをお願い致します。

悪質な中傷行為を見逃したくありません。

揉め事を起こすつもりはありません。
正しいやり方で善なる二次作家を応援したいと思っています。

私の要望は、出来れば2つあるブログをひとつにして二次小説と他の記事を並行して載せ、二次小説カテゴリに参加することです。

それが駄目でしたら二次小説のみのブログを二次カテに参加し、もうひとつのブログと相互リンクをさせることです。

よろしくお願い致します。ご連絡をお待ちしております。

---------------

ブログ村に働きかけをしてくれた方、具体的なアドバイスをくれた方、二次作品を投稿してくれた方、ランキングポチをしてくれた方、ご協力と応援をありがとうございました。

二次小説のみを掲載したブログが「小説情報カテ」に飛ばされたことは納得が行きません。
二次小説ブログが「小説情報カテ」にあることに違和感を覚えます。

中傷コメントやパクリについて記事として取りあげたブログが、二次小説カテから飛ばされる。
これこそが二次小説の世界において「中傷コメント」「パクリ」が横行していると言う事実に他なりません。

なぜ飛ばすのか。
都合が悪く、目障りだからでしょう。

犯罪を犯し逃亡中の人間が、警察署の前を避けて通るのと同じ心理です。
悪いことをしていない人間に取り警察は頼もしい存在の筈です。避ける必要などありません。

それと同様に、善なる作家に取りこのブログが目障りであるわけがないのです。
現に複数の作家がこのブログのコメント欄で自身に起きた辛い出来事を吐き出しています。

先日、読み専を名乗る方から無記名で公開コメントが入りました。

その方は「自分は作品を読めればいい。作家の人となりとか考えて読んでいない。ただ読めればいい」と書いてきました。
そして「読めればいいという読み手がいてはいけませんか?」と。

いていいか、悪いかで言えば「いい」としか言いようがありません。

ですが「人となり」なくして作品は生まれません。

二次作家は、原作の世界に自分なりの息吹を吹き込んで作品として発表しています。

発表された作品は作家そのものです。
作家の「人となり」は、作品そのものである筈です。

「作家の人となりは考えたことがない」
こう言う読者の無関心さが、作家を孤独に追いやるのです。

作家は話を書くマシーンではありません。人間です。

ネットと言うデジタルの画面に表示される文字は、作家が一文字一文字、手で打ち込んだものです。
これ以上の手作業はありません。

その作業の上で公開された作品に対して「人となりは関係ない」と言うのは、あまりに酷薄です。
その作家の作品を読み少しでも楽しいと思ったのなら、読者は感謝と労いの気持ちを持つべきです。

しかし、作家はそんなことは自分の口からは言えません。
もしサイト上でそんなことを書いたら、心無いコメントが来るかも知れないと思うし、なかなか自分で「労ってください」とは言えないものです。
賞賛の言葉が欲しいわけではありません。
ただ一言「楽しかったです」と書き、出来れば作家に対し「大変だと思いますが更新楽しみにしています」「無理のないペースで更新して下さい」と気遣う言葉を掛けてあげて欲しいのです。

作家と読者は、人対人の関係であるべきだと言うのが私の考えです。

私はこのブログで、このような読者への要望も発信して行きます。

悪質な中傷行為もなく、作家も読者も双方が楽しめる。これがあるべき二次の姿です。

こう言う思いで開設したブログですので、二次小説カテが相応しいと思っています。

悪意・作為・敵意を隠し持って他サイトに近づく行為を看過することは出来ません。


心に鬱屈とした思いがある作家さんは一人で溜め込まず、いつでも吐き出しに来て下さい。
あなたの悩んでいることは多くの作家が経験したことかも知れません。

私は善なる作家さんを応援しています。



たくさんの作家さんに知ってもらうためにブログ村のランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開様

Pixiv利用も考えたのですが、やはりちょっと難しそうですね。
人気のあるジャンルに投稿すれば、そこからこのサイトに呼ぶことも出来ると思いますが。
「ドラえもん」の二次も注目を集めている作品もあるので全く可能性がないわけではありませんが。

「パクリ」に気付いた時、読者はどうしたらいいのか。
私はここに「パクリ行為」を撲滅する鍵があると考えています。管理人一人の力では太刀打ちできないこともあります。
あなたも辛い思いをされたのですね。悔しかったこととお察し致します。
善良な管理人を踏み台にして、何食わぬ顔をして運営を続ける管理人には強い憤りを覚えます。
私はその思いを発信する場としてブログを立ち上げました。
あなたの悔しさは、多くの管理人が味わった悔しさだと思います。

非公開様

「作家の人となりは考えたことがない」
このような考えの読者が二次作家を孤独に追い詰め、創作意欲を低下させていると言うのは紛れもない事実です。
作家には様々な敵(困難)があります。同業者、読者、中傷行為。これらは密接に絡み合っています。
作家間の嫌がらせは、ほぼ間違いなく同ジャンル同士です。
私のように「鼻に付く」からと言う理由は、ある意味ではコアケースです。
何しろ私のジャンルは「ドラえもん」ですからね。
応援ありがとうございます。

非公開様

わかりづらい文章などではありませんよ。あなたの仰りたいことはとても良く伝わってきました。
以前にも感じたことですが、あなたは非常に繊細な心を持った方なのです。
創作活動を続けて行くうち、おそらくあなた自身も気が付かない程の微細なことに心がすり減ってしまったのでしょう。
近いうちのその辺りのことを記事として上げるつもりでいます。


非公開様

やはり同じ定型文でしたね。ご尽力ありがとうございました。
新ブログに二次小説をアップしました。
「別ブログからの移動の為、日付が同じである」とトップ記事に載せておきます。
コメントも公開のみで受付設定にしてみました。
今はこの状態のままでブログ村からの連絡を待ってみます。
ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開様

様々なご提案ありがとうございます。

本日、ブログ村から連絡があったのですが非公開様に届いたものと全く同じ文面でした。
定型文のコピーだと思うのですが、私は「対応を検討させていただきます」と言う言葉を信じて少し様子を見ようと思っています。
fc2ブログランキングへの参加も検討中で利用規約を読んでいます。
出来れば旧ブログを参加させたいので、旧の方にも新とは違う二次小説を掲載しようと考えています。
ブログを統一することが出来ると一番いいのですが。やはり2つのブログを管理するのは手間でもありますので。
私も本来書きたかった記事は上げて行こうと思います。
二次カテにいるのがベストですがそれが全てではありませんし、運営様に却下されてしまったらそれ以上のことは出来ないわけですから。
ただし、どうして私のブログが移動させられなければいけないのかは納得行きませんので、ただ引き下がるつもりはありません。
先ほど「新」の方のIDで、ストレートに二次カテの復帰の要望を送りました。
(昨日、長文を送ったのは「旧」の方でしたので)
飛ばされたのが連絡もなしだったので返答が頂けるかわかりませんが、少し待って来なかったら「何がネックで移動させられたのか」を率直に聞いてみようと思います。
改善すべき点があれば改善します。ただしどの記事も下げるつもりはありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開様

アドバイスありがとうございました。
このブログを応援してくれる気持ちからの言葉であると伝わってきますし、そんなことで不快に感じたりは致しません。
第三者目線での指摘はとてもありがたいものです。
今後とも宜しくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示