二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>2~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>2~」

作・Crescent



「ティアドロップ」と言うハンドルネームを決めた静香は、次にブログのタイトルを考え始めた。

(何にしようかしら?)

少し見てみただけで、驚くほどたくさんのブログが世の中に出回っていることが分かり、静香は驚きを隠せなかった。

皆、素敵なタイトルを付けている。

静香は目を瞑り、意識を集中させた。

(私も何か素敵なものを・・・)

そう考えて、静香は頭を振った。

(ううん。素敵なんかじゃなくてもいいわ。背伸びしたって仕方がないもの。私らしくて、皆から親しみを持ってもらえるような・・)

ふいに静香の頭に「カフェ」と言う言葉が浮かんだ。

(カフェ、なんてどうかしら?同じ原作が好きな人同士が、お茶を飲みにくるみたいに気軽に立ち寄れて、楽しくお話出来たり、一人静かにお茶を飲めるような、そんなイメージ)

静香は手元にあったメモ用紙に思い付くままに書いて行った。

「陽だまりカフェ」「木漏れ日カフェ」「紫陽花カフェ」「雫カフェ」「雨の日カフェ」「潮さいカフェ」・・・

(あっ)

あることを思い付いて、静香はクスクスと笑った。

(「しずカフェ」なんてどうかしら?静香のカフェ。でも、そうしたらすぐに私ってバレてしまうわよね)

静香はメモを前に考え込んだ。

(どうしよう。のび太さんに相談してみようかしら)

そう思いつつ、やっぱり自分で決めたい気持ちもある。

さんざん迷って「紫陽花カフェ」に決めかけ、だけど、どうしても「しずカフェ」も気になった。

(しずカフェ、シズカフェ、シズ、シズ・・・)

「あ」

今度は声が出ていた。

(シズを『She's』にしたらどうかしら?『She's Cafe』と書いて『しずカフェ』。文法的にはおかしいかも知れないけど『彼女のカフェ』。私でもいいし、読んでくれた人でもいい。彼女のカフェ、彼女の話・・・)

ハンドルネーム「ティアドロップ」、ブログタイトル「She's Cafe」───。

入力を終え、静香は小さな吐息を漏らした。

まだ誰にも知られていない、静香のブログが誕生した瞬間だった。





~続く~


Crescent氏に盛大なる拍手を!

皆様からの投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。(報告不要です)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示