返信に困る読者からのコメント

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


読者からもらうコメントは様々なものがあります。
残念ながら、その全てが作家に取り嬉しいものであるわけではありません。

先日、読者からのコメントに関して、作家さんから下記のような公開コメントが入りました。

----------

読者さまからいただくコメント。
本当に嬉しくて、ありがたくて、創作の励みになるのですが、返事に窮してしまうものもあります。
そのひとつに、コメントの要旨がわからないものがあります。
要望なのか、感想なのか、言葉を選んだ批判なのか。
直接お話している場合は、それってどういうこと?と聞けますが、コメ返で、仰ることはこういうことですか?、それともこういうことでしょうか?と尋ねるのは、なかなかできず(コメ主さまを傷つけるのでは、との不安があります)頭を悩ませております。

わたしは書き言葉が好きですが、コミュニケーション手段としては、文字だけというのは、とても難しいなと思っています。

-----------

多くの作家さんが、これを読みながら頷かれた事と思います。
あきらかな中傷コメントとは違い「悪意はなさそうなのだが、一体どう返事をしろと?」と思うコメントがあります。

実はここが作家の腕の見せ所です。

上記のコメントの実例が書かれていなかったので実際にどのようなコメントかは分からないので、仮に前回の記事のコメントを例に取ります。

「このウツ展開、マジないわー」
「ここでこう言うこと言っちゃう〇〇、有り得ない。嫌いになりそう」

こんなコメントにはどんな返信を付けたらいいでしょうか?

「いつもお読み頂きありがとうございます。今回のお話の展開で〇〇様にご不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありません。私のプロットの中では大切な展開となっており、これがいずれ伏線となり大きな転機を迎えます」

このように正面から答える必要は一切ありません。

「まだまだ話は続きますのでお楽しみ下さい」

これで十分です。

決して読者から頂いたコメントをないがしろにしているわけではありません。
作家は言葉への意識が高い人種です。
だからこそ、コメントには何かの意味(メッセージ)があるのだろうと無意識に思い、そのひとつひとつの真意を汲み取ろうとしてしまいます。
そして疲弊して行くのです。

しかし、言葉への感性、意識の高低は人それぞれです。

まずそこを知っておかなければいけません。
そこを押さえておくと、むやみに傷付いたり落胆すると言う事が少なくなります。

もしも「まだまだ話は続きますのでお楽しみ下さい」の返信が気に入らないと言って、仮に文句を言ってきたり、反対にコメントを書いてこなくなったとしたら、それはもう放っておくことです。

読者は読者です。神様でもお客様でもありません。

読者の顔色ばかり窺っていると、必ずどこかで行き詰ります。

私の書く話が気に入らないのなら、読んで頂かなくて結構。

作家はこれくらいの気骨を持つべきです。

読者の全てがコメント欄を作家との「コミュニケーション手段の場」として捉えているわけではないでしょう。
これも前回の記事で書きましたが「呟きの場」くらいにしか思ってない人もいます。

それら全てのコメントを真面目に受けて行くと、作家は疲弊し、それが元で創作意欲が低下することもあります。
それでは本末転倒です。ある程度、読み流すことも大切です。

そして、読者と作家の信頼関係は一朝一夕で築けるものではありません。

「このウツ展開、マジないわー」の読者も、何回もコメントをもらってるうちに、その真意や人柄が分かってくることもあります。

ひとつのコメントに一喜一憂せず、気長に、大らかに、ある時は読み流し、ある時は心に留める。

また、作家のひとつの心が構えとして「賛辞の言葉=良いコメント」と思ってはいけません。

作家に取り、読者が神様でもお客様でもないのと同じように、読者に取っても作家は神様でもお客様でもありません。
どっちが上でも下でもないのです。同じもの(原作)が好きなクラスメイトの様なものです。

今回の記事だけ取ってみても、いかに作家(管理人)と言う立場が難しいものであるかが分かります。

原作を好きだと言うモチベーションだけでブログ運営を継続させるのは実は至難の技です。

作家(管理人)の悩みは作家(管理人)が一番、理解出来ます。

ブログ運営に於いて信頼できる作家仲間がいるかがどうかは大きなポイントとなりますが、ここにもかなり難しい問題が含んでいますので、またいずれ記事にするつもりです。


Crescent氏にコメントが届いております。

------
また続きを書いてくださって嬉しいです。^^
HNが決まり、あれこれ考えを巡らせながら
サイト名を考える。大変ですが楽しい時間ですよね。
そうして素敵なサイト名も決まり、
いよいよティアドロップ管理人さんの
作品も拝読できるのでしょうか?
いろいろ想像しながら、また更新してくださる時を
楽しみにお待ちしています!
--------

作家への励みとなる言葉をありがとうございます。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。(報告不要です)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示