二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>3~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>3~」

作・Crescent



「静香ちゃん!」

玄関からのび太の声が聞こえ、静香はリビングから慌てて顔を覗かせた。

「お帰りなさい、のび太さん。あら?それは何?」

のび太が手にしている大きな箱を見て静香が首を傾げると

「何だと思う?静香ちゃん」

「わからないわ」

「開けてごらんよ」

のび太に促され箱を開けて見ると、中からはノートパソコンが出てきた。

「まぁ・・!」

目を丸くする静香に、のび太は

「静香ちゃん、自分専用のパソコンが欲しいって言ってただろう?」

「・・・」

「だから、僕からのプレゼント」

「のび太さん・・」

「僕は静香ちゃんが二次小説を書くことを応援してるからね」

「ありがとう、のび太さん」

「いつかは僕にも読ませてくれるんだろう?静香ちゃんの書いたお話」

静香は薄っすらと頬を染めた。

夫であるのび太には、恥ずかしさが先に立ち、まだブログ名もハンドルネームも教えていなかったのだ。

「少し恥ずかしいわ。それに、のび太さん、原作のドラマを見ていないでしょ?だから、きっと面白くないわよ」

「うーん、そっかぁ。でも、静香ちゃん、もう作品はアップしてるんだろ?」

「えぇ。3つくらい」

「反応はどう?」

「反応だなんて・・・。少しだけよ。拍手を少しもらえてるだけ」

「拍手?すごいじゃないか」

「ううん、本当に少ないのよ。一つのお話に5個とか、6個とか」

「すごいよ、静香ちゃん。だって5人の人が、静香ちゃんの話を楽しんでくれたってことなんだろう?」

「え、えぇ、多分。でも、わからないわ。何も分からずに押してくれた人もいるかもしれないし・・」

「そんなことはないよ。きっと皆、静香ちゃんの話を面白いと思って押してくれたんだよ」

「だとしたら嬉しいわ」

「うん」

「・・何だか、のび太さんと話してたら、お話を書きたくなってきちゃったわ」

「うん、そうしなよ。このパソコンでさ」

「えぇ、ありがとう」

静香はのび太の優しさを感じながら、パソコンに向かった。

パスワードを入れてログインすると「She's Cafe」の管理画面が現れた。

静香は今、原作のドラマの続きを創作していた。

目を閉じて、頭の中にドラマの2人を思い浮かべる。

前回からの続き・・・

ふいに頭の中の2人が動きだした。

まるで頭の中でドラマを観ているみたいに、2人がイキイキと動き話している。

静香は追いかけるように、キーボードを叩いて行った。






~続く~


Crescent氏に盛大なる拍手を!

皆様からの投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示