リンクフリー変更の経緯

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


少し更新があいてしまいました。
元々、夏の暑さが苦手でこの暑さにバテておりました。ご心配のコメントありがとうございました。

中傷コメント対処法は今回はお休みして、当ブログのリンクについて書いて行きます。

開設当初からしばらくの間はリンクフリーを謳っておりましたが、途中からリンクの際はご一報頂くことに致しました。

何故、突然に方針を変えたのか説明していなかったので、ご説明申し上げます。

少し前、某ブログ管理人から非公開コメントが入り、ある要求をされました。

どのようなコメント内容であったかはここでは省きますが(当ブログのカテゴリ「コメント・中傷コメント等」に中に記事があります)、端的に申し上げ、私はこのコメ主(某ブログ管理人)に強い不信感と憤りを覚え、コメ欄に書かれていた要求を跳ね除けこの管理人の矛盾点を論破致しました。

この記事をUPしたのは6月12日です。

7月4日の朝、アクセス解析を見てみると、その某ブログをリンク元とするアクセスがありました。
(クリックすると拡大します)

アクセス解析

FC2ユーザーなら見慣れていると思いますが、この画面は

『リンク元をサイト別(www.yahoo.co.jp等)に集計したものです。どのサイトから訪問者が訪れたのかを知ることができます。 』
(FC2公式発表)

と言うものです。

3行目の http://novel.blogmura.comは、ブログ村からこのブログに訪問した人の数。
4行目のhttp://blogranking.fc2.comは、FC2ランキングからこのブログに訪問した人の数。です。

この19行目は、件の管理人のURLでした。
アクセスは僅かに1ですが、こちらの某ブログのどこかに私のブログをリンクしていないことには、ここにURLは載ってきません。
(サイト(ブログ)上にリンクを貼らなくても、このリンク元一覧にURLが載ってくる事例をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示の程をお願い致します。)

そのブログを見に行ったところ、リンクは確認出来ませんでした。
貼ってすぐに剥がしたのかも知れません。

もちろんこの時点ではリンクフリーを謳っておりましたので、どのサイト、ブログに貼るのも自由ですが、まさか私のブログを件の管理人が自ブログに貼ってくるとは思ってもおりませんでした。

自分がトンデモ要求を出しておいて、それを突っぱねられたブログをリンクするとは思えなかったのです。

もしかしたら、そのコメントすら自分の書き込みじゃないとシラを切るつもりだったのか解りませんが、とにかくリンクフリーは止めようと思いました。

書き込まれたコメントの内容、その他一連の経緯を見ても、「善なる作家を応援する」このブログをリンクして欲しくなかったので、その為、急遽リンクフリーを止めてその日の内に記事としてアナウンスした次第です。

広く多くの作家さんにリンクして頂きたいと思いリンクフリーにしていましたが、上記の経緯によりリンクフリーを止めましたのでご了承願います。
説明が遅れ大変申し訳ありませんでした。

記事をUPした所、既にリンクを貼って頂いていた管理人様から公開コメントにてご連絡を頂きました。
わざわざご丁寧にありがとうございました。

更新のペースは落ちてしまいましたが、当初の志も二次カテ復帰の意欲も何も変わっておりません。

今後とも宜しくお願い致します。
引き続き、二次小説の投稿もお待ちしております。

超ド級の暑い日が続いておりますが、皆様もお気を付けて。

(この記事に物申したい時は、ズバリと書いて来て下さい。読者を装ったりとかそう言う回りくどいことはご遠慮申し上げます。あまりに悪意的な行為を取られた時は19行目のURLに若干の加工を施して公開します。私のブログを利用し、同ジャンルの作家さんを陥れようとした行為は到底許されるものではありません。)


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示