二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>9~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>9~」

作・Crescent(瑞月)




「紫」が中傷コメントを書き込んでくる理由として、思い当たること───

それは、「紫」のブログ開設の経緯にあった。

遡ること一か月前。

ある日のこと、静香のブログの管理画面の「訪問者リスト」に見知らぬブログがあった。

「訪問者リスト」とは、同じブログサービス利用者限定の機能で、そのブログの管理人が「訪問者リストに足跡を残す」を選択しておくと、訪問先のブログに自ブログの名前が残ると言うものでる。

主には自ブログの宣伝やコミュニケーションに一役買うための機能だ。

静香自身は「足跡を残さない」と言う設定にしていたのだが、足跡から、どんな人が自分のブログを見てくれているのかが判るので、かかさずチェックはしていた。

だから見知らぬブログが足跡に残ることは特筆すべきことではなかったのだが、そのブログに注目したのにはふたつの理由があった。

一つ目は、静香のブログと同じドラマの二次創作を扱うブログだったこと。

もう一つは、「別館」に付いた足跡だったからだ。

実は静香は、本ブログの他に、もうひとつ「別館」と呼んでいるブログを開設していて、それは、多少のR作品を扱うブログのためパスワード制にしていた。

その「別館」に足跡が残っていたと言う事は、静香がパスワードを配布した人と言う事である。

パスワードの配布は当然のこと、メールでのやり取りとなる。

しかも、配布をした人は30人程度。

この中に、同じドラマのブログを立ち上げた人がいる───

誰かしら?

静香がそう思うのは自然の成り行きで、静香は当然のこと、そのブログ───「竪琴の調べ」を訪問した。

管理人名は「竪琴」とあり、初めて目にするHNである。

アップされた記事の日付からすると、ブログはここ一月ほど前に開設したもので、それでも、ブログトップには「ご挨拶」の記事があり、その下にいくつかの創作記事が並んでおり、すでにブログとして稼働していることがわかった。

「ご挨拶」をざっと一読した静香は、奇妙な感覚を覚えた。

(何だか・・・この文章、私のブログの「挨拶文」に似ているような気がする・・・)

それでも「挨拶文」と言うのは、概して似たようなものになりがちだし、考え過ぎだろう、と静香はその思いを振り払った。

次に静香が思ったことは

(コメントでも書いてみようかしら?)

だった。

それでも、静香の心の中には、挨拶文が似ていたと感じた奇妙な感覚や、相手から声を掛けて来なかったことが気に掛かり、コメントを書き込むことに躊躇する気持ちがある。

足跡はその後も数回あり、あれこれ考えるうち、静香はあることを思い付いた。

(そうだわ。ブログ上で呼びかけてみたらいいんじゃないかしら?)

ダイレクトにコメントを残すよりも、ワンクッション入り、良さそうな気がする。

静香はすぐに「別館」で記事をアップして、その中で

「最近、このブログに同じドラマの二次創作を扱う方のブログの足跡があります。どなたか最近、ブログを立ち上げられたのでしょうか?もし良かったらご連絡をいただけませんか?同じドラマのブログが増えてとても嬉しいです。」

程なくして一通のメールが入ってきた。

差出人は「紫」だった。





~続く~


瑞月です。
応援のコメントをお寄せ下さった皆さん、ありがとうございます。
最後まで書ききりますので、よろしくお願いいたします。
with you..さんも更新作業、ありがとうございます。


-----------

Crescent(瑞月)氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

ささやかなエール

おはようございます。
Crescent(瑞月)さん、
with you..さん、更新お疲れ様です。

好きなものを元にした二次創作で
苦悩する静香ちゃんの姿に胸が締め付けられそうな
気持ちになります。

多くの善良な読者さんたちに静香ちゃん(=筆者さま)の
想いが届くと良いですね。

筆者様のお気持ちを尊重し
お話をじっくりと堪能させていただこうと思います。

お身体に気を付けられて、思いのままに創作されますように。
またの更新を心待ちにしています。

静香ちゃんを応援します。

二次創作ブログを立ち上げるきっかけと言うのは、そのドラマなり何なりの元ネタが好きだから、ではありますが・・・

十中八九、そのジャンルの二次小説ブログを読んでいる読者が触発された結果、ですもんね。

静香ちゃん自身も、そのドラマが好きで、そのドラマの二次小説ブログをたくさん見て、自分もそうなりたいと思ったんですもんね。

読み手から書き手に・・・

そこで、書き手同士、好きなその作品について楽しく交流できるなら、何の問題もないのですが・・・

同じ書き手が中傷行為をする。
まして、元々は自ブログの読者だった人が・・・

哀しいですね、辛いですね。

でも、そんな人ばかりではありません。
いえ、大多数の人は善良です。

一部の、卑劣な行為をする人たちが、自分を恥じ、反省することを願っています。

Crescent(瑞月)さんのこの作品が、多くの方に勇気を与えてくれますようにと願っています。

私もwith you..と同じく、善なる作家さんを応援致します。
プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示