二次小説【ドラえもん】~「世界で一番君が好き」~

「世界で一番君が好き」

作・ ありちゃん




ものすごく緊張した結婚式が終わった。
僕は、晴れて、静香ちゃんと結婚したんだ!
ばんざい!

「のび太さん、パスポートは大丈夫?」
「もちろんだよ!ここに持って・・・・」
ない!パスポートが・・・ない!!
どうすんだよ!新婚旅行だぞ!
大慌てでバッグの中を探る。
「のび太さん、落ち着いて。
引っ掻き回したら余計に分からなくなるわ。」
静香ちゃんは僕の手からバッグを取ると、待合のベンチの上に中身を一つずつ並べ始めた。
「ほら!あったわよ!」
「ごめん。」
「私が持っておくわね。」
「・・・うん。」
・・・情けない。
「のび太さん。楽しみよね?」
彼女は励ますように笑いかけてくれる。
「うん。・・・僕、海外は初めてで・・・。」
「綺麗よ。ハワイは。」

新婚旅行はド定番のハワイ。
飛行機から見た景色は、彼女の言った通り、空も海も何もかもが綺麗だった。

ホテルに到着する。
チェックインしなければ・・・
フロントで、しどろもどろの僕の後ろから、ホテルマンに向かって彼女が英語で話しかけた。
「静香ちゃん、英語、できるんだ。」
「え?・・・一応、英文科卒業だしね。」
「あ・・・そうだった、ね。」
・・・情けない。

部屋に入って、荷物を置く。
窓の外には綺麗な海が広がっていた。
「わあ!素敵!」
静香ちゃんは嬉しそうに窓辺に駆け寄った。
僕もその隣に並んで立った。
しばらく海を眺めていたけれど、ずっとそうしてるわけにもいかない。
「着替えようか?」
「ええ。」
後ろを振り向いたら・・・大きなベッド。
僕は思わず、ごくりと生唾を飲み下した。
そこで固まっていた僕の横を、彼女がすり抜けるように通って行く。
「・・・のび太さん、私、向こうで着替えるから。」
「え?ああ、うん。」
彼女は、自分のスーツケースを持って、バスルームに逃げ込むように入って行った。

ホテルのレストランで食事を楽しんで、部屋に戻った。
「・・・静香ちゃん、シャワー、先に使っていいよ。」
「え?・・・のび太さんが先に・・・」
彼女が目を逸らし、僕も目を逸らす。
しばらく、そのまま、二人で立ち尽くしていた。

このままじゃ埒が明かない。
僕達は、結婚したんだ。
だから新婚旅行に来ている。
もう、夫婦なんだ、よ。

「シャワー、先に浴びて来るよ。」
「う、うん。」

頭からお湯を被る。
正直、僕は初めてで・・・
ずっと静香ちゃんと結婚したかった。
子供のころから、ずっと。
でも、ずっと子供のままじゃない。
結婚すると言うことが、ただ一緒にいることだけじゃないって、知ってしまった。
静香ちゃんと一緒にいたくて、結婚した。
当然、家族も持ちたい。

大丈夫だろうか?・・・僕は。

思わず、溜息が漏れた。

ベッドに腰かけて、所在なく彼女を待つ。
漏れ聞こえるシャワーの音に、否が応でも胸が高鳴る。同時に緊張もしていた。
結婚式も緊張したけど・・・それ以上かも知れない。

バスルームの扉が開いた。
「・・・静香ちゃん。」
思わず息を飲む。
彼女は、すごく、綺麗だ。
緩く束ねた髪の毛の先が濡れ、頬も少し上気していて・・・。
「こっちに、おいでよ。」
彼女は無言で僕に歩み寄り、ちらりとベッドを見た後、僕の隣に腰かけた。
少し、間を空けて・・・。
僕は彼女の方に身体を向けた。
静香ちゃんは俯く。
彼女の手に、僕自身の手を重ねる。
静香ちゃんの肩が、ぴくりと震えた。
「・・・あの・・・良かったのかな?」
「え?」
彼女が顔を上げ、僕を見る。
「いや、僕と結婚して・・・。」
「・・・のび太さんは、嫌なの?」
「そんな訳がない!僕はずっと、静香ちゃんと結婚したかったんだよ!すごく、嬉しいよ!」
僕はあわててそう言った。
「・・・僕は、慌て者だし、頼りないし、不甲斐ないし・・・情けないし・・・」
彼女が僕の手を握り返してくる。
「私の旦那さんを、そんな風に悪く言わないで。」
旦那、さん?
僕は静香ちゃんを見つめた。
彼女も、にっこりと微笑んで、見つめ返してくれる。
「真面目で、正直で、優しくて・・・人の痛みの分かる人よ。」
「静香ちゃん!」
感動に涙が滲んでくる。
「涙もろいのも・・・嫌いじゃないわ。」
「静香ちゃん!好きだ!」
そう言うなり、がばりと抱きつこうとして・・・
やはり躊躇する。
「・・・その・・・初めてなんだ。・・・情けないよね。」
「どうして?手馴れてる人より、よっぽどいいわ。
それに・・・」
「それに?」
「・・・私も初めてよ。」
え?・・・大学時代に付き合ってる人、いたって・・・。
「私が、初めてなのが不思議?」
「静香ちゃん、モテてたから・・・」
「何度かデートした人はいたけど、進展はしなかったわ。」
「・・・そうか。・・・知らなかった。」
彼女と手を繋いだまま、しばらくそのままでいた。

・・・このまま、朝を迎える気か?
しっかりしろ!野比のび太!

おもむろに静香ちゃんの肩を抱き寄せた。
あっ、と彼女が小さく言いバランスを崩す。
そのまま覆い被さるように倒れ込んだ。
キスしようとして顔を近づけたら、唇に人差し指を押し当てられた。
「のび太さん。・・・メガネ。」
え?
「・・・こういう時は、外した方がいいって・・・友達が・・・言ってた。」
彼女は恥ずかしそうにそう言った。
片手でメガネを外し、サイドテーブルに置く。

情けないよね。・・・ホント、情けない男だよ。

だけど
世界中の誰よりも、静香ちゃんが好きだ!

「愛してる。」
そっと彼女の唇を塞いだ。




<おわり>

------------


ありちゃん氏に盛大な拍手を!

皆様からの作品の投稿をお待ちしています。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。


人気ブログランキング




にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

with you..様、ありちゃん様

wuth you..様、たくさん更新してくださって
ありがとうございます。
お忙しいこととは思いますが、
貴サイトがますます活気づかれるよう願っています。

ありちゃん様、楽しい作品をありがとうございました。
感想を書くことで、このサイト様と書き手様の
活力になれるとうれしいです。

また、お話を書いてくださるのを楽しみにしています。

ありがとうございます。

with you..さん いつもありがとうございます。
そして、更新作業もお疲れ様です。

匿名希望さん コメントありがとうございます。

ホントに「二次小説ならでは」ですよね。
書いてる方も楽しいです。

今後も、何かしらのお話をお目にかけることができるといいな、と私も思います。
一緒にこちらのブログを盛り上げていけると良いですね!

No title

こんにちは。

二次小説ならでは、の
大人になったのび太くんと静香ちゃんの
愛溢れる様子に、ほっこりしました。^^

いつまでも仲良く過ごしてもらいたいですね。
また、ありちゃんさんのお話を読めるのを
楽しみにしています。
プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示