韓ドラ二次小説【~「素敵なヒト」~】

~「素敵なヒト」~

作・ありちゃん





素敵なヒトに出会った。


バイト先のカフェで、窓拭きをしていたの。
高い所は背が届かなくて、ぴょんぴょんとジャンプしながら拭いていた。
何度目かのジャンプの後、着地に失敗して倒れそうになって・・・

「きゃあっ!」

盛大に叫び声を上げて、頭から床に突っ込みそうになる。
ぎゅっと目を瞑った。

ん?

あたし、宙に浮いてる?


違う。
誰かが抱き留めてくれてるんだ。


「大丈夫かい?」


そーっと目を開けると、男のヒトがあたしの顔を覗き込んでいた。

「立てる?」

こくこくと頷いて、私は身体を起こした。
そのヒトはあたしの手を取って支えてくれた。

「すみません!」

「いや、怪我がなくて良かったよ。」

「あ、ありがとうございます!!」

「高い所は、踏み台を使った方がいいね。」

そのヒトは、くすりと笑って店の奥に入って行った。

思わず、その後ろ姿をぼーっと眺めていたら、先輩に大声で呼ばれた。
あたしは慌ててキッチンに向かう。


はあぁ。

素敵なヒト、だったな。



◇◇◇



いつも行ってるフレッシュジュースのお店。
そこのオンニ(お姉さん)も素敵なヒトで、あたしはオンニに憧れていた。



「オンニ!素敵なヒトに出会ったの!」

オンニはジュースのカップを手渡してくれながら、ふふ、と笑った。

「へぇ、どんな人?・・・どこで会ったの?」

「バイト先!背が高くてね、笑顔がとっても素敵だったの。」

倒れかけたあたしを抱き留めてくれたこと、優しく気遣ってくれたこと、
とにかく、全部が素敵だったと、オン二に報告した。

「また、お客として来てくれるといいわね。」

「うん!オンニ、ありがとう!」



それから、そのヒトと会うことはなかった。
あたしのシフトでないときに来てるんじゃないかと、先輩に聞いてみたんだけれど、分からないと言われた。


名前くらい訊いておけば良かった。
彼女、いるのかな?
・・・いる、よね。女の子に放っとかれない感じだもの。



いつものように、オンニのお店に向かった。
ウィンドウから見える店内に、何人かのお客さんがいる。
一人の男性客を残して、みんなジュースカップを片手にお店を出るところだった。

あたしもお店に入ろうと、入り口のガラス戸を押そうとした。

その時

男性客が、オンニの唇に掠めるようにキスをしたのが見えた。

オンニは、あんぽんたん!と言いながら拳を握って持ち上げてる。
キスしたその男性は、大袈裟に仰け反って避ける振りをする。

二人とも幸せそうに笑ってた。


その男性客は・・・


素敵な、あのヒトだった。


あーあ。
再会したと思ったら、こんな場面だなんて。
結構、本気で好きだったのに。
・・・オンニ相手じゃ、敵わないよ。


ガラス戸を押そうとしていた手を下ろし、回れ右をする。

涙が頬を伝った。



あたしだって、オンニに負けないくらい素敵になって!
あのヒトに負けないくらい素敵なヒトを捕まえてやるんだから!!



破れた恋は、ほんのちょっぴりほろ苦かったけれど


あんな風に幸せそうに、笑い合えたら・・・素敵よね


と、そう思った。




<おわり>


私の作品に暖かいコメントをくださり、二次小説作家を応援してくださる皆様に感謝申し上げます。

また、with you..さま、いつも更新作業をありがとうございます。


こちらのお話は自ブログで公開済みのものです。
ティアドロップさんもハマって、二次小説作家となるきっかけとなった
そのドラマの二次小説です。
ティアドロップさんは大切な二次小説作家仲間です。

静香ちゃんを全力で応援致します!


---------

ありちゃん氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

ありちゃん様、with you..様、
作品とサイトの更新お疲れ様です。

ありちゃんさんは、引き出しの多い筆者さん
なのですね。^^
そして、ティアドロップさんも。

お二方をはじめ、同じ気持ちの方々を
全力で応援いたします!

また、更新されるのを楽しみにお待ちしています。
プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示