スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当ブログ読者様へのご連絡事項(※重要)

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


先日、当ブログに

「もしかしたら瑞月さんを傷付けたり、しなくても良い物思いをさせることになるかも知れない」

と、暗に脅しとも取れるコメントが入りました。

瑞月さんには不審者から何かのコンタクトがあったらすぐに知らせるように連絡致しました。

万が一、瑞月さんのところに不審なコメントやメールがあったら、その内容を当ブログで公開致します。

当ブログ読者様にお願いです。

もしこのブログに不審なコメントが入っても、相手をしないように「完全スルー」でお願い致します。
どのようなアクションも起こさず静観でお願い致します。
恐らくはそれが最善の方法である筈です。

不審な非公開コメントは「公開」致します。


中傷行為の罪は重い。


「中傷行為、許すまじ」です。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

中傷行為の罪

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


当ブログで連載をされている瑞月さんが、ご自身のブログ(「なんて素敵にジャパネスク」あれこれ)を休止されると言う記事をアップしました。
その記事を読み、悲しみ、悔しさ、憤りでいっぱいです。

瑞月さんは酷い中傷行為を受けてこられましたが、その中で精力的に作品を発表されていました。

中傷行為をした人物が平然と更新を続け、被害にあった瑞月さんがブログを休止する。

瑞月さんが当ブログに投稿を続けている「虹の彼方に<静香、二次作家への道>」にこんなコメントがあったのは、皆様の記憶に新しい事だと思います。

------------

「中傷行為、許すまじ」の考えに賛同します。賛同はしますが、瑞月様にお聞きしたいのです。この二次小説に私怨は籠められていますか?
(のうのうとサイトを運営していることが許せない·この作品を語って欲しくはない)
その延長上に相手側のサイトの閉鎖を望んでいるのならば、卑劣な行為をした相手(A氏)と同じになるのではと危惧しています。こそこそと陰険な手段をとるのと公開処刑との違いがあるだけで、相手を貶める行為においては根本的には変わらないように思います。
仮にA氏のサイトが閉鎖したら瑞月様はどのように思われるのでしょうか?
(自業自得だ、ざまあみろ)と喜びますか?それとも(閉鎖の一因は自分にあるのかもしれない)と良心の呵責に苛まれるのでしょうか。
A氏の行為は許されるものではありませんが、サイトに上げられている作品は素直に面白いと思います。情景描写や心情が詳細に書かれていますし、よく調べてあるなと言う印象を受けます。出来うることならばサイト閉鎖に追い込まないでいただきたいです。

------------


私は敢えてコメントを付けませんでしたが、これは瑞月さんに中傷行為を行っている当の本人の書き込みです。
コメントまで付けておいて、それでも本人は「こんな小説は知らない」と言っています。

嘘を並べた記事をアップする。
ネットにおける中傷行為は確たる証拠を提示しにくいものです。どんなことでも書けてしまうからです。

もちろんその点においては誰でも同じです。本人にその気があれば捏造記事を上げることは簡単な事です。

真実がどこにあるのかは読者の判断に委ねるしかありません。

でも皆様には、また一人の二次作家が心無い中傷行為に傷付き(しかも同じジャンル、同じCPを扱う二次作家によるもの)「創作する」と言う行為を止めてしまったと言う事実を受け止めて頂きたいと思います。

読者の皆様には少々きついことを書きますが、二次作家の辛さに寄り添ってきましたか?
瑞月さんはご自身のブログの中でいくつものSOSを発信しています。
瑞月さんがどんな目にあっているかは分かっていたけど更新もしているし大丈夫。
そんな風に他人事と思っていはいませんでしたか?

以前、私は「読者の無関心が作家を孤独に追い詰める」と書きました。

気遣う言葉を掛けるのが遅いということもあるのです。
二次作家は話を書くマシンではありません。人間です。人間が書いているのです。

傷付きながらもずっと頑張ってきた瑞月さんに改めてここで「頑張って」とは言えませんが、瑞月さんは閉鎖はしないと書かれているので私は静かに応援して行こうと思います。

ブログ村にも二次小説カテへの復帰が粘り強く交渉しています。

中傷行為の罪は重い。

「中傷行為、許すまじ」です。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村




二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>11~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>11~」

作・Crescent(瑞月)




紫が「竪琴」と言う管理人名で『竪琴の調べ』を立ち上げた後も、静香と紫の付き合いは続いていた。

紫からは静香のブログに「紫」の名でコメントが入り、メールでのやり取りもする。

ある時、メールの中でドラマのヒーローの「髪」について話したことがあり、静香は

【私のイメージでは、彼の髪は、硬すぎず柔らかすぎず、素直な髪質なんじゃないかと思うんです】

こう書いた。

すると、後日、アップされた「竪琴の調べ」の考察記事に

『・・・彼の髪は、硬すぎず柔らかすぎず、素直な髪質なのではないかと言うのが、管理人の考えです』

とあった。

(これって、私がメールで書いたことだわ・・)

記事を読んだ静香は驚き、心の中に苦みが走った。

そして、もう一つ静香は気になったのは、紫が自身のことをブログ上で「管理人」と呼んでいることである。

実は、静香もブログ上で自分のことを「管理人」と呼んでいた。

それはブログ開設時に、考えて決めたことだった。

静香には、とにかくドラマ一色のブログにしたいと言う思いがあった。

そのために決めたことは、なるべく自分(個)を出さずにいようと言う事で、それには自分のことを「私」と呼ぶよりも「管理人」と呼ぶ方が相応しいように思ったのだ。

だから、静香はブログで考察記事を書く時は

『私はそう思います』

ではなく

『管理人はそう思います』

と書いていた。

紫がそう書いていることも、もちろん偶然だとは思う。

自分のことを「管理人」と呼んでいるブログはたくさんある。

人に言えば、「気にし過ぎ」と笑い飛ばされるくらいのことだろう。

そう思う側から、やりきれないざらりとした思いが静香の心に広がって行く。

静香はたくさんの他の人のブログを見るうち、ブログにはそれぞれにカラーと呼べるものがあることに気が付いていた。

かっちりと固めな文章の、テレビに例えて言うならNHKのようなブログ。

ざっくばらんでフレンドリーなブログ。

静かで落ち着いた雰囲気のブログ。

カラー、スタイル、テイスト。

そんな言葉で表せられるような、それぞれのブログの特徴と言えるもの。

それらを決定づけるものは、やはり文章であり、管理人が自分のことを「私」と一人称で呼ぶのか、または呼ばないで他の呼び方をしていたり、そもそもその表現を巧みに避けていたり───

それがブログの印象を左右している、と静香は思っていた。

静香が紫のブログを最初に見た時に

(なんか私のブログに似てる・・)

と思ったのは、「カラー」が似ている、と思ったのだろう、と静香は今さらながら気付いた。

そしてそれは紫が記事の中で自分のことを「管理人」と呼んでいることにも大きく関係しているのだろうと思った。

髪の話のことも、紫からの返信の中で

【そうですよね、私もそう思います】

と書いてあった。

だから、ヒーローの髪質については、元から共通認識があったのだろうとは思う。

だけど───

(もしも私だったら、この記事を上げる時『少し前、紫さんとメールでもお話したのですが』と一言、書き加えるのに・・・)

それは静香に取っての、ひとつの「筋の通し方」だった。

仮にもネット上で何かを公表するのであれば、そのソース(情報源)を明確にしておきたいと言う思いがある。

だから、もし誰かとの会話の中で思い付いたネタがあれば、本人にも記事にしていいかの了解を取り、記事上でもそのことを書いていた。

静香とのやり取りは「紫」で行い、ブログは「竪琴」の名前でアップする。

紫に自覚があるのかないのかは分からないけれど、どこか静香のブログとカラーの似た紫のブログ。

「紫」が「竪琴」であると知っているのは静香だけ。

(紫さん、何だか・・・ズルいわ・・)

(ううん、こんな風に思う私がおかしいのかも知れない・・)

静香はパソコンの前でため息を吐いた。





~続く~


瑞月です。
応援コメント、ありがとうございます。
ありちゃんさんも、静香ちゃんへの応援のお言葉をありがとうございます。
with you..さん、更新作業、いつもありがとうございます。

こうして書いていると、普段は静まっている苦い思いが甦ってきて、心がざわついてきます。
でも、書くと決めたから書きます。
最後までお付き合いいただき事の顛末まで見守っていただけたら幸いです。


-----------

Crescent(瑞月)氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

韓ドラ二次小説【~「素敵なヒト」~】

~「素敵なヒト」~

作・ありちゃん





素敵なヒトに出会った。


バイト先のカフェで、窓拭きをしていたの。
高い所は背が届かなくて、ぴょんぴょんとジャンプしながら拭いていた。
何度目かのジャンプの後、着地に失敗して倒れそうになって・・・

「きゃあっ!」

盛大に叫び声を上げて、頭から床に突っ込みそうになる。
ぎゅっと目を瞑った。

ん?

あたし、宙に浮いてる?


違う。
誰かが抱き留めてくれてるんだ。


「大丈夫かい?」


そーっと目を開けると、男のヒトがあたしの顔を覗き込んでいた。

「立てる?」

こくこくと頷いて、私は身体を起こした。
そのヒトはあたしの手を取って支えてくれた。

「すみません!」

「いや、怪我がなくて良かったよ。」

「あ、ありがとうございます!!」

「高い所は、踏み台を使った方がいいね。」

そのヒトは、くすりと笑って店の奥に入って行った。

思わず、その後ろ姿をぼーっと眺めていたら、先輩に大声で呼ばれた。
あたしは慌ててキッチンに向かう。


はあぁ。

素敵なヒト、だったな。



◇◇◇



いつも行ってるフレッシュジュースのお店。
そこのオンニ(お姉さん)も素敵なヒトで、あたしはオンニに憧れていた。



「オンニ!素敵なヒトに出会ったの!」

オンニはジュースのカップを手渡してくれながら、ふふ、と笑った。

「へぇ、どんな人?・・・どこで会ったの?」

「バイト先!背が高くてね、笑顔がとっても素敵だったの。」

倒れかけたあたしを抱き留めてくれたこと、優しく気遣ってくれたこと、
とにかく、全部が素敵だったと、オン二に報告した。

「また、お客として来てくれるといいわね。」

「うん!オンニ、ありがとう!」



それから、そのヒトと会うことはなかった。
あたしのシフトでないときに来てるんじゃないかと、先輩に聞いてみたんだけれど、分からないと言われた。


名前くらい訊いておけば良かった。
彼女、いるのかな?
・・・いる、よね。女の子に放っとかれない感じだもの。



いつものように、オンニのお店に向かった。
ウィンドウから見える店内に、何人かのお客さんがいる。
一人の男性客を残して、みんなジュースカップを片手にお店を出るところだった。

あたしもお店に入ろうと、入り口のガラス戸を押そうとした。

その時

男性客が、オンニの唇に掠めるようにキスをしたのが見えた。

オンニは、あんぽんたん!と言いながら拳を握って持ち上げてる。
キスしたその男性は、大袈裟に仰け反って避ける振りをする。

二人とも幸せそうに笑ってた。


その男性客は・・・


素敵な、あのヒトだった。


あーあ。
再会したと思ったら、こんな場面だなんて。
結構、本気で好きだったのに。
・・・オンニ相手じゃ、敵わないよ。


ガラス戸を押そうとしていた手を下ろし、回れ右をする。

涙が頬を伝った。



あたしだって、オンニに負けないくらい素敵になって!
あのヒトに負けないくらい素敵なヒトを捕まえてやるんだから!!



破れた恋は、ほんのちょっぴりほろ苦かったけれど


あんな風に幸せそうに、笑い合えたら・・・素敵よね


と、そう思った。




<おわり>


私の作品に暖かいコメントをくださり、二次小説作家を応援してくださる皆様に感謝申し上げます。

また、with you..さま、いつも更新作業をありがとうございます。


こちらのお話は自ブログで公開済みのものです。
ティアドロップさんもハマって、二次小説作家となるきっかけとなった
そのドラマの二次小説です。
ティアドロップさんは大切な二次小説作家仲間です。

静香ちゃんを全力で応援致します!


---------

ありちゃん氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>10~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>10~」

作・Crescent(瑞月)




紫からのメールにはこう書かれていた。

『ティアドロップさんが書かれていたブログは、私が立ち上げたブログです。もう少し落ち付いたら、ティアドロップさんにお話しようと思っていました』

(まぁ!「竪琴の調べ」は紫さんのブログだったのね)

静香はすぐに返信を付けた。

『紫さんのブログだったのですね。同じドラマの創作ブログが増えて嬉しいです。これからもよろしくお願いします』

返信に書いた言葉に嘘はない。

同じドラマを応援するファンサイトが増えるのは、純粋に嬉しいと思える。

だけど────

静香の心にはどうにも拭い難い違和感がある。

聞けば、紫はそのドラマのファンが集まるサークル───静香が唯一、中傷コメントのことを相談した「スカイ」が部長を務めるサークルである───にも、すでに「竪琴」の名で次回の大会への作品を投稿していると言う。

自身のブログでも創作記事を数件上げ、サークルにも投稿し、では、紫の言う「もう少し落ち着いたら」は一体、どのタイミングだったのだろう、と言う気がされた。

それに───

パソコンの前で、静香は小さく息を吐いた。

(もし、逆の立場だったら、私ならブログを立ち上げたら、まず最初に紫さんに話すのに・・・。ううん。立ち上げたら、ではないわ)

立ち上げようと思い立ったその時から、紫に話しているような気がする。

『紫さん、私もブログを始めようかと思うんです』

『まぁ!そうなんですか?それは、ぜひぜひ、始めてください。そしたら相互リンクして、管理人同士として一緒に楽しく盛り上げて行きましょうよ!』

『ありがとうございます!またご連絡させていただきますね』

・・・そんなイメージが静香の中にはある。

何しろ、紫とは何度も個人的なメールのやり取りをしているのである。

(私が思ってるほど、紫さんは私のことを親しくは思ってくれてなかったのかも知れない・・・)

何とも言えない淋しさを感じ、静香はまたしてもため息を吐いた。

だけど───

静香は頭を横に振った。

それはあくまでも、静香の思うイメージである。

当然、人にはそれぞれの思いや考えがある。

紫がブログの立ち上げを話してくれなかったことには、違和感と同等に淋しさや味気なさも感じるが、でも、それは仕方のないこと。

あまり深くは考えずに、楽しくやって行こう。

そう思い直す静香だったが、でも、静香の感じた違和感は、その後、どんどんと大きくなっていくのである。





~続く~

瑞月です。
応援コメント、ありがとうございます。
with you..さんも、更新作業、ありがとうございます。


-----------

Crescent(瑞月)氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。