二次小説【ドラえもん】~「世界で一番君が好き」~

「世界で一番君が好き」

作・ ありちゃん




ものすごく緊張した結婚式が終わった。
僕は、晴れて、静香ちゃんと結婚したんだ!
ばんざい!

「のび太さん、パスポートは大丈夫?」
「もちろんだよ!ここに持って・・・・」
ない!パスポートが・・・ない!!
どうすんだよ!新婚旅行だぞ!
大慌てでバッグの中を探る。
「のび太さん、落ち着いて。
引っ掻き回したら余計に分からなくなるわ。」
静香ちゃんは僕の手からバッグを取ると、待合のベンチの上に中身を一つずつ並べ始めた。
「ほら!あったわよ!」
「ごめん。」
「私が持っておくわね。」
「・・・うん。」
・・・情けない。
「のび太さん。楽しみよね?」
彼女は励ますように笑いかけてくれる。
「うん。・・・僕、海外は初めてで・・・。」
「綺麗よ。ハワイは。」

新婚旅行はド定番のハワイ。
飛行機から見た景色は、彼女の言った通り、空も海も何もかもが綺麗だった。

ホテルに到着する。
チェックインしなければ・・・
フロントで、しどろもどろの僕の後ろから、ホテルマンに向かって彼女が英語で話しかけた。
「静香ちゃん、英語、できるんだ。」
「え?・・・一応、英文科卒業だしね。」
「あ・・・そうだった、ね。」
・・・情けない。

部屋に入って、荷物を置く。
窓の外には綺麗な海が広がっていた。
「わあ!素敵!」
静香ちゃんは嬉しそうに窓辺に駆け寄った。
僕もその隣に並んで立った。
しばらく海を眺めていたけれど、ずっとそうしてるわけにもいかない。
「着替えようか?」
「ええ。」
後ろを振り向いたら・・・大きなベッド。
僕は思わず、ごくりと生唾を飲み下した。
そこで固まっていた僕の横を、彼女がすり抜けるように通って行く。
「・・・のび太さん、私、向こうで着替えるから。」
「え?ああ、うん。」
彼女は、自分のスーツケースを持って、バスルームに逃げ込むように入って行った。

ホテルのレストランで食事を楽しんで、部屋に戻った。
「・・・静香ちゃん、シャワー、先に使っていいよ。」
「え?・・・のび太さんが先に・・・」
彼女が目を逸らし、僕も目を逸らす。
しばらく、そのまま、二人で立ち尽くしていた。

このままじゃ埒が明かない。
僕達は、結婚したんだ。
だから新婚旅行に来ている。
もう、夫婦なんだ、よ。

「シャワー、先に浴びて来るよ。」
「う、うん。」

頭からお湯を被る。
正直、僕は初めてで・・・
ずっと静香ちゃんと結婚したかった。
子供のころから、ずっと。
でも、ずっと子供のままじゃない。
結婚すると言うことが、ただ一緒にいることだけじゃないって、知ってしまった。
静香ちゃんと一緒にいたくて、結婚した。
当然、家族も持ちたい。

大丈夫だろうか?・・・僕は。

思わず、溜息が漏れた。

ベッドに腰かけて、所在なく彼女を待つ。
漏れ聞こえるシャワーの音に、否が応でも胸が高鳴る。同時に緊張もしていた。
結婚式も緊張したけど・・・それ以上かも知れない。

バスルームの扉が開いた。
「・・・静香ちゃん。」
思わず息を飲む。
彼女は、すごく、綺麗だ。
緩く束ねた髪の毛の先が濡れ、頬も少し上気していて・・・。
「こっちに、おいでよ。」
彼女は無言で僕に歩み寄り、ちらりとベッドを見た後、僕の隣に腰かけた。
少し、間を空けて・・・。
僕は彼女の方に身体を向けた。
静香ちゃんは俯く。
彼女の手に、僕自身の手を重ねる。
静香ちゃんの肩が、ぴくりと震えた。
「・・・あの・・・良かったのかな?」
「え?」
彼女が顔を上げ、僕を見る。
「いや、僕と結婚して・・・。」
「・・・のび太さんは、嫌なの?」
「そんな訳がない!僕はずっと、静香ちゃんと結婚したかったんだよ!すごく、嬉しいよ!」
僕はあわててそう言った。
「・・・僕は、慌て者だし、頼りないし、不甲斐ないし・・・情けないし・・・」
彼女が僕の手を握り返してくる。
「私の旦那さんを、そんな風に悪く言わないで。」
旦那、さん?
僕は静香ちゃんを見つめた。
彼女も、にっこりと微笑んで、見つめ返してくれる。
「真面目で、正直で、優しくて・・・人の痛みの分かる人よ。」
「静香ちゃん!」
感動に涙が滲んでくる。
「涙もろいのも・・・嫌いじゃないわ。」
「静香ちゃん!好きだ!」
そう言うなり、がばりと抱きつこうとして・・・
やはり躊躇する。
「・・・その・・・初めてなんだ。・・・情けないよね。」
「どうして?手馴れてる人より、よっぽどいいわ。
それに・・・」
「それに?」
「・・・私も初めてよ。」
え?・・・大学時代に付き合ってる人、いたって・・・。
「私が、初めてなのが不思議?」
「静香ちゃん、モテてたから・・・」
「何度かデートした人はいたけど、進展はしなかったわ。」
「・・・そうか。・・・知らなかった。」
彼女と手を繋いだまま、しばらくそのままでいた。

・・・このまま、朝を迎える気か?
しっかりしろ!野比のび太!

おもむろに静香ちゃんの肩を抱き寄せた。
あっ、と彼女が小さく言いバランスを崩す。
そのまま覆い被さるように倒れ込んだ。
キスしようとして顔を近づけたら、唇に人差し指を押し当てられた。
「のび太さん。・・・メガネ。」
え?
「・・・こういう時は、外した方がいいって・・・友達が・・・言ってた。」
彼女は恥ずかしそうにそう言った。
片手でメガネを外し、サイドテーブルに置く。

情けないよね。・・・ホント、情けない男だよ。

だけど
世界中の誰よりも、静香ちゃんが好きだ!

「愛してる。」
そっと彼女の唇を塞いだ。




<おわり>

------------


ありちゃん氏に盛大な拍手を!

皆様からの作品の投稿をお待ちしています。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。


人気ブログランキング




にほんブログ村



二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>9~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>9~」

作・Crescent(瑞月)




「紫」が中傷コメントを書き込んでくる理由として、思い当たること───

それは、「紫」のブログ開設の経緯にあった。

遡ること一か月前。

ある日のこと、静香のブログの管理画面の「訪問者リスト」に見知らぬブログがあった。

「訪問者リスト」とは、同じブログサービス利用者限定の機能で、そのブログの管理人が「訪問者リストに足跡を残す」を選択しておくと、訪問先のブログに自ブログの名前が残ると言うものでる。

主には自ブログの宣伝やコミュニケーションに一役買うための機能だ。

静香自身は「足跡を残さない」と言う設定にしていたのだが、足跡から、どんな人が自分のブログを見てくれているのかが判るので、かかさずチェックはしていた。

だから見知らぬブログが足跡に残ることは特筆すべきことではなかったのだが、そのブログに注目したのにはふたつの理由があった。

一つ目は、静香のブログと同じドラマの二次創作を扱うブログだったこと。

もう一つは、「別館」に付いた足跡だったからだ。

実は静香は、本ブログの他に、もうひとつ「別館」と呼んでいるブログを開設していて、それは、多少のR作品を扱うブログのためパスワード制にしていた。

その「別館」に足跡が残っていたと言う事は、静香がパスワードを配布した人と言う事である。

パスワードの配布は当然のこと、メールでのやり取りとなる。

しかも、配布をした人は30人程度。

この中に、同じドラマのブログを立ち上げた人がいる───

誰かしら?

静香がそう思うのは自然の成り行きで、静香は当然のこと、そのブログ───「竪琴の調べ」を訪問した。

管理人名は「竪琴」とあり、初めて目にするHNである。

アップされた記事の日付からすると、ブログはここ一月ほど前に開設したもので、それでも、ブログトップには「ご挨拶」の記事があり、その下にいくつかの創作記事が並んでおり、すでにブログとして稼働していることがわかった。

「ご挨拶」をざっと一読した静香は、奇妙な感覚を覚えた。

(何だか・・・この文章、私のブログの「挨拶文」に似ているような気がする・・・)

それでも「挨拶文」と言うのは、概して似たようなものになりがちだし、考え過ぎだろう、と静香はその思いを振り払った。

次に静香が思ったことは

(コメントでも書いてみようかしら?)

だった。

それでも、静香の心の中には、挨拶文が似ていたと感じた奇妙な感覚や、相手から声を掛けて来なかったことが気に掛かり、コメントを書き込むことに躊躇する気持ちがある。

足跡はその後も数回あり、あれこれ考えるうち、静香はあることを思い付いた。

(そうだわ。ブログ上で呼びかけてみたらいいんじゃないかしら?)

ダイレクトにコメントを残すよりも、ワンクッション入り、良さそうな気がする。

静香はすぐに「別館」で記事をアップして、その中で

「最近、このブログに同じドラマの二次創作を扱う方のブログの足跡があります。どなたか最近、ブログを立ち上げられたのでしょうか?もし良かったらご連絡をいただけませんか?同じドラマのブログが増えてとても嬉しいです。」

程なくして一通のメールが入ってきた。

差出人は「紫」だった。





~続く~


瑞月です。
応援のコメントをお寄せ下さった皆さん、ありがとうございます。
最後まで書ききりますので、よろしくお願いいたします。
with you..さんも更新作業、ありがとうございます。


-----------

Crescent(瑞月)氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

伝言板(Tsukasa様へのコメント)

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


匿名希望の方から「Tsukasa様」と題した非公開コメントが入ってきました。
Tsukasa様とは、以前にこのブログにコメントしてきた方です。

内容的に問題がなければ公開にして欲しいとのことで、特に問題はないと思いますので公開致します。
(このブログは公開コメで書き込むと承認を待たずに公開されてしまうの為、非公開コメントで来たと思われます。)

以下、コメントです。

---------

2017/09/17 00:20
タイトル「Tsukasa様へ」

with you..様と
Crescent(瑞月)様のご尽力と勇気に
心より敬意を表します。

あなたにこの言葉が届くかどうかは判りませんが
そして、タイトルに表しましたTsukasa様、
HNから察するに、あなたが指摘された人物に
心当たりがあります。

私の推察が間違っていないとすれば、
あなたの作品はとても素敵で大好きでした。

「再構築者」には、あなた以上の
心のこもったセンスあふれる作品は
絶対書けないと思います。

また、どこかであなたの作品を読ませていただきたいと
心から願っています。


---------

Tsukasa様、こちらのコメントに返信がございましたらいつでも当ブログをご利用下さい。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村




二次小説のカテゴリ整理について

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


私の記事としては久しぶりの更新となります。

二次小説も増えて来ましたので、この度、カテゴリを細分化することに致しました。
(アドバイス下さった方、ありがとうございます。)

これに伴い、今まで取り下げていたり新ブログに掲載していた二次小説も全て当ブログに移行しました。

ブログ村の「二次小説カテ」への移動希望を見据えて、何か有効な掲載方法はないかと考えているうち、そのままになってしまいました。
投稿して下さった皆様、申し訳ありませんでした。

実は以前にブログ村に「二次小説情報カテ」を新設して欲しいと要望を出していたのですが、それが通りました。

現在、当ブログは、

小説家志望20%
二次小説情報30%
ブログノウハウ50%

の割合でブログ村のランキング登録をしています。

この登録先は月に3回まで変更可能なので、こまめに変えています。
ひとつのところに留まっているよりもその方が認知が進むかと思いそうしています。
近々、また登録先を変更予定です。

一か月程前、二次小説カテへの復帰要望を出したのですがまだ通らず、もうしばらくしたらまた要望を出してみようと思っています。

一度(ないし数度)通報があったブログは、一定期間、復帰が出来ないと言う可能性も考えられます。
根気強くブログ村にアプローチして参りますので、皆様からの二次小説の投稿も宜しくお願い致します。

今、瑞月(Crescent)氏が、ご自身の体験を元にした二次小説を連載されておりますが、声を上げることの大切さを改めて実感した次第です。

同じような被害に会われた方、憤りを感じた方、どんどん声を上げて下さい。

このブログに書き込めば、全てのコメントはここに届きます。
悪質なコメントは全て私の方で捌きますから(時にはスルー含む)、安心して書き込んで下さい。


中傷行為、許すまじ。

愛なきものが二次作家を名乗るなかれ。



一人一人の声は小さいかも知れませんが、集まれば大きな声になる筈です。


皆様の善意と勇気ある書き込みをお待ちしております。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>8~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>8~」

作・Crescent(瑞月)



中傷コメントを書き込んでくる人物は、同じドラマのファンとして交流のある「紫」だった───

静香はパソコンの前で一人、頭を抱えた。

中傷コメントについて色々と調べた時、案外、身近な人の書き込みである事例もあることを知った静香は、その可能性、つまりは自分のブログを訪問してくれている人であると言う可能性も考えたことはあった。

でも、その可能性の中に「紫」は入っていなかった。

「紫」であるはずがない、と思い込んでいたのだ。

そう思った一番の理由は、紫と交流があることだったが、もうひとつ理由があり、それは、紫も自分のブログを運営していたからだった。

紫は「竪琴」と言うハンドルネームを用いて、<竪琴の調べ>と言うブログを開設していた。

立場を同じくする人間が、まさか、こんな中傷コメントを送りつけてくるなどとは静香は思ってもみず、頭から除外していたのだ。

(そんな、どうして・・・)

自ブログを運営している紫なら、コメントを付ければ足跡が残ることくらい分かりそうなもので、だとしたら、いくらハンドルネームを変えて別人を装っても、同一人物が書き込んだことくらい分かりそうなものなのに───

そう思うそばから

(でも、私だってIPアドレスと言う言葉をつい最近、知ったばかりなんだもの。紫さんだって知らないのかも・・)

と言う思いも湧いてくる。

紫は、静香よりも後にブログを開設しているし、知らなくてもおかしくない気もする。

それにしても、どうして紫は中傷コメントを書き込んでくるのか───

(もしかしたら、あのことが・・)

思い当たることがひつとだけあった。

静香はパソコンの前で目を閉じ、あの日の紫とのやり取りを思い返していた。




~続く~


-----------

Crescent(瑞月)氏に盛大なる拍手を!

皆様からの二次創作の投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。



人気ブログランキング




にほんブログ村

プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示