二次小説【アンとドラ】~「Solty Rain」~

「Solty Rain」

作・めろんぱんだ


縁あって「虹の国」を探す旅に出たアンとドラだったが

ドラは先を歩いていたアンの異変に気が付いた。

雨足が強まってきたのに、傘もささずに空を仰ぎ立ち止まっていたのだ。

「アン君、どうしたの、気分でも悪い?それに、何だかいつもより顔がふやけているようだけれど雨のせい?」

ドラの問いかけに、アンは力なく首を左右に振って答えた。

「体調のせいでも雨のせいでもないです。悲しくて涙が止まらなかったんです。 辛い別れがあった小さな子供たちのけなげな様子をニュースで見てあまりに辛かったんで……」

うなだれながらアンがこう呟くと、その顔を少し味見しながらドラは

「ホントだ、ちょっとしょっぱい」

と言って、傘を差しかけた。

「傍へ行って慰めの言葉をかけたいですけれど、今は言葉が見つかりません」

「それでいいんじゃないかい? そっとしておくほうが良い時もあるだろうし知らない人に声をかけられても、戸惑うだけだろうし」

「そうですね……」

「ともかく、その顔、洗うか新しい顔に替えてもらうかしたほうが良いよ」

「いや、今は……いいです。それに天然のシャワーがありますし。ドラさん、ごめんなさい、早く『虹の国』に行きたいところですのに」

そう言ってアンは傘を出、再び雨模様の空を仰いだ。

そんなアンに、ドラはやさしい笑みを浮かべて言った。

「気にしなくて良いよ、君がそうしたいなら……」

アンの顔は、涙雨でますますふやけ、いつもより一回り大きく見えた

何とかしてあげたいとドラは途方に暮れるが、今は為す術が見つからない。

そうして小一時間、二人は無言で歩いていた。梅雨時の蒸し暑さに、全身に汗がにじむ。

と、ふいに雲間から光が差してきて雨は小やみになり、涼風が吹いてきた。

「あっ、何だか西の空が明るくなってきたから、きっとすぐに雨が上がるよ」

ドラの言葉に、アンは少しだけ表情を明るくして答えた。

「ええ、きれいな虹が浮かぶと良いですね」

「きっと見えるよ。そして落ち着いたらジャムおじさんに新しい顔をもらいに行こう」

「はい……」

そう言って二人は空を見上げ、まだ見ぬ虹と、『虹の国』とに想いを馳せ穏やかに頷きあった。


 ――了――


めろんぱんだ氏に盛大なる拍手を!


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。


人気ブログランキング




にほんブログ村


中傷コメント対処法1

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


ブログやサイト運営をしていると思わぬアクシデントに遭遇することがありますが、中傷コメントはその最たるものと言っても過言ではありません。

「作品と中傷コメント」「 作家と中傷コメント」のタイトルで中傷コメントに触れましたが、今回は具体的な対処法を書いて行きます。

書き込まれたコメントが中傷コメントだった場合、まず、何よりも慌てないことが大切です。
大抵の人は心の準備など出来ていません。動揺するのが当たり前です。
ですが、まずは落ち着く事です。命の危機が迫っているわけではありません。

具体的に落ち着く方法です。

あなたのHNが「ジャイ子」で、リアルネームが「ジャイ野ジャイ美」だったとします。
中傷コメントは「ジャイ子」に向けて書き込まれたものです。

「ジャイ野ジャイ美」に向けた言葉ではありません。

相手は「ジャイ野ジャイ美」のことなど何も知らずに書き込んでいるわけです。
それくらいスパっと「ジャイ子」と「ジャイ野ジャイ美」を分離して考えることが大切です。

「ジャイ野ジャイ美」の視点で、どうして「ジャイ子」に中傷コメントが来たのかを考えます。

客観的に捉えることが大切です。

そして、書かれてる内容に注目します。
一体、何を言わんとしているのかを読み解いて下さい。

「バカ・アホ」等、読み解く必要のない言葉の場合、この過程はスキップして結構です。

作品への批判なのか、管理人(ジャイ子)への攻撃なのか。
合わせ技もありますが、ざっとで良いので読み解いておくと後々役に立つことがあります。

次にやってはいけない事です。2点あります。

※中傷コメントを削除する。

※すぐに記事で反応(反論)する。

中傷コメントに動揺するとやりがちな事ですから気を付けて下さい。
書き込まれた中傷コメントは大切な証拠品です。削除してはいけません。

念には念を入れて、スクショしておけば尚、良いです。
(スクショとは「スクリーンショット」です。端末の画像そのものを写真として撮影しておくことが出来ます。恐らくどのPCにもスマホにもある機能です。知っておくと便利なので、知らない人は時間のある時に調べておくと良いです)

どの画面をスクショしておくのが一番有効かは後述します。

大体の場合、中傷コメントと言うのは非公開で来ます。
つまり、読者からは見えません。ダメージは管理人のみが受けることになります。

動揺もするし傷付きもするし腹も立ちます。

ですが、すぐに中傷コメントに反応してはいけません。堪えて下さい。
何故なら、それこそが相手を一番喜ばせることである可能性があるからです。

何もなかったような顔で運営を続けることが大切です。

続きは次回で。
何回かに分けて書いて行きます。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

当ブログのリンクについて

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


リンク先からの訪問も増えて参りました。
ご協力ありがとうございます。


今までリンクフリーとしておりましたが、今後はリンク前にコメント欄よりご一報をお願い致します。


その際は、貴ブログ名・ジャンルをお書き添え下さい。
(場合によってはお断りする場合もございます。又、相互リンクは致しておりません)

既にリンクをお貼りの管理人様も出来ましたらご一報下さい。
(こちらから記事上で貴ブログ名を出すことは致しません)

昨日を持ちまして「[小説書庫]二次小説作家さんの広場」ブログを、ブログ村から撤退させました。

二次小説を少しずつこちらのブログに移行しブログも削除致します。
ランキングポチ等の応援をありがとうございました。



たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。
(リンクの前にご一報願います)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

返信に困る読者からのコメント

ランキングポチありがとうございます。当ブログへのご賛同のポチと解釈しております。


読者からもらうコメントは様々なものがあります。
残念ながら、その全てが作家に取り嬉しいものであるわけではありません。

先日、読者からのコメントに関して、作家さんから下記のような公開コメントが入りました。

----------

読者さまからいただくコメント。
本当に嬉しくて、ありがたくて、創作の励みになるのですが、返事に窮してしまうものもあります。
そのひとつに、コメントの要旨がわからないものがあります。
要望なのか、感想なのか、言葉を選んだ批判なのか。
直接お話している場合は、それってどういうこと?と聞けますが、コメ返で、仰ることはこういうことですか?、それともこういうことでしょうか?と尋ねるのは、なかなかできず(コメ主さまを傷つけるのでは、との不安があります)頭を悩ませております。

わたしは書き言葉が好きですが、コミュニケーション手段としては、文字だけというのは、とても難しいなと思っています。

-----------

多くの作家さんが、これを読みながら頷かれた事と思います。
あきらかな中傷コメントとは違い「悪意はなさそうなのだが、一体どう返事をしろと?」と思うコメントがあります。

実はここが作家の腕の見せ所です。

上記のコメントの実例が書かれていなかったので実際にどのようなコメントかは分からないので、仮に前回の記事のコメントを例に取ります。

「このウツ展開、マジないわー」
「ここでこう言うこと言っちゃう〇〇、有り得ない。嫌いになりそう」

こんなコメントにはどんな返信を付けたらいいでしょうか?

「いつもお読み頂きありがとうございます。今回のお話の展開で〇〇様にご不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありません。私のプロットの中では大切な展開となっており、これがいずれ伏線となり大きな転機を迎えます」

このように正面から答える必要は一切ありません。

「まだまだ話は続きますのでお楽しみ下さい」

これで十分です。

決して読者から頂いたコメントをないがしろにしているわけではありません。
作家は言葉への意識が高い人種です。
だからこそ、コメントには何かの意味(メッセージ)があるのだろうと無意識に思い、そのひとつひとつの真意を汲み取ろうとしてしまいます。
そして疲弊して行くのです。

しかし、言葉への感性、意識の高低は人それぞれです。

まずそこを知っておかなければいけません。
そこを押さえておくと、むやみに傷付いたり落胆すると言う事が少なくなります。

もしも「まだまだ話は続きますのでお楽しみ下さい」の返信が気に入らないと言って、仮に文句を言ってきたり、反対にコメントを書いてこなくなったとしたら、それはもう放っておくことです。

読者は読者です。神様でもお客様でもありません。

読者の顔色ばかり窺っていると、必ずどこかで行き詰ります。

私の書く話が気に入らないのなら、読んで頂かなくて結構。

作家はこれくらいの気骨を持つべきです。

読者の全てがコメント欄を作家との「コミュニケーション手段の場」として捉えているわけではないでしょう。
これも前回の記事で書きましたが「呟きの場」くらいにしか思ってない人もいます。

それら全てのコメントを真面目に受けて行くと、作家は疲弊し、それが元で創作意欲が低下することもあります。
それでは本末転倒です。ある程度、読み流すことも大切です。

そして、読者と作家の信頼関係は一朝一夕で築けるものではありません。

「このウツ展開、マジないわー」の読者も、何回もコメントをもらってるうちに、その真意や人柄が分かってくることもあります。

ひとつのコメントに一喜一憂せず、気長に、大らかに、ある時は読み流し、ある時は心に留める。

また、作家のひとつの心が構えとして「賛辞の言葉=良いコメント」と思ってはいけません。

作家に取り、読者が神様でもお客様でもないのと同じように、読者に取っても作家は神様でもお客様でもありません。
どっちが上でも下でもないのです。同じもの(原作)が好きなクラスメイトの様なものです。

今回の記事だけ取ってみても、いかに作家(管理人)と言う立場が難しいものであるかが分かります。

原作を好きだと言うモチベーションだけでブログ運営を継続させるのは実は至難の技です。

作家(管理人)の悩みは作家(管理人)が一番、理解出来ます。

ブログ運営に於いて信頼できる作家仲間がいるかがどうかは大きなポイントとなりますが、ここにもかなり難しい問題が含んでいますので、またいずれ記事にするつもりです。


Crescent氏にコメントが届いております。

------
また続きを書いてくださって嬉しいです。^^
HNが決まり、あれこれ考えを巡らせながら
サイト名を考える。大変ですが楽しい時間ですよね。
そうして素敵なサイト名も決まり、
いよいよティアドロップ管理人さんの
作品も拝読できるのでしょうか?
いろいろ想像しながら、また更新してくださる時を
楽しみにお待ちしています!
--------

作家への励みとなる言葉をありがとうございます。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。(報告不要です)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

二次小説【ドラえもん】~虹の彼方に<静香、二次作家への道>2~

「~虹の彼方に<静香、二次作家への道>2~」

作・Crescent



「ティアドロップ」と言うハンドルネームを決めた静香は、次にブログのタイトルを考え始めた。

(何にしようかしら?)

少し見てみただけで、驚くほどたくさんのブログが世の中に出回っていることが分かり、静香は驚きを隠せなかった。

皆、素敵なタイトルを付けている。

静香は目を瞑り、意識を集中させた。

(私も何か素敵なものを・・・)

そう考えて、静香は頭を振った。

(ううん。素敵なんかじゃなくてもいいわ。背伸びしたって仕方がないもの。私らしくて、皆から親しみを持ってもらえるような・・)

ふいに静香の頭に「カフェ」と言う言葉が浮かんだ。

(カフェ、なんてどうかしら?同じ原作が好きな人同士が、お茶を飲みにくるみたいに気軽に立ち寄れて、楽しくお話出来たり、一人静かにお茶を飲めるような、そんなイメージ)

静香は手元にあったメモ用紙に思い付くままに書いて行った。

「陽だまりカフェ」「木漏れ日カフェ」「紫陽花カフェ」「雫カフェ」「雨の日カフェ」「潮さいカフェ」・・・

(あっ)

あることを思い付いて、静香はクスクスと笑った。

(「しずカフェ」なんてどうかしら?静香のカフェ。でも、そうしたらすぐに私ってバレてしまうわよね)

静香はメモを前に考え込んだ。

(どうしよう。のび太さんに相談してみようかしら)

そう思いつつ、やっぱり自分で決めたい気持ちもある。

さんざん迷って「紫陽花カフェ」に決めかけ、だけど、どうしても「しずカフェ」も気になった。

(しずカフェ、シズカフェ、シズ、シズ・・・)

「あ」

今度は声が出ていた。

(シズを『She's』にしたらどうかしら?『She's Cafe』と書いて『しずカフェ』。文法的にはおかしいかも知れないけど『彼女のカフェ』。私でもいいし、読んでくれた人でもいい。彼女のカフェ、彼女の話・・・)

ハンドルネーム「ティアドロップ」、ブログタイトル「She's Cafe」───。

入力を終え、静香は小さな吐息を漏らした。

まだ誰にも知られていない、静香のブログが誕生した瞬間だった。





~続く~


Crescent氏に盛大なる拍手を!

皆様からの投稿を心よりお待ちしております。


たくさんの作家さん、読者さんに知ってもらうためランキングに参加しています。
ぽちぽちぽちっと3連打お願いします。

またサイトをお持ちの作家様はぜひリンクをお願い申し上げます。(報告不要です)

「二次小説作家さんに捧ぐ」→http://nijisakkanisasagu.blog.fc2.com/



人気ブログランキング




にほんブログ村

プロフィール

Author:with you..

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示